メイジュタナゴコロニアリ。

日常で感じたことや、学びを少しでも共有できたらうれしいです。

とらすとみー!

私は結構人間不信なのですが,先日こんなことを言われました。

 

「仕事なんだから周りのスタッフを信じてもらわないと困る」と。

 

この言葉に対し,ものすごく違和感を感じました。

 

「仕事だから信頼しなければならない」というのは順序が逆です。

信頼関係を築いてきて,それから仕事が前に前に進んでいくものだと思うのです。

信頼できない人間を,仕事だからといって信頼できるはずがない。

いやむしろ,仕事だからこそ,信頼できない人間は,余計に信頼したくないですね。

 

だってそうじゃないですか。

ふたりで仕事をしていたとして,相方にちゃらんぽらんな仕事をされたら困るでしょう。

ミスやクレームが発生しようものなら,連帯責任で自分も不利益を被るわけですから。

信じて任せたのに。となるわけ。

 

しかしその信頼関係というのが,仕事のなか で得るものであるのがまた難しいところです。

 

「仕事には信頼関係が必要である」

「信頼関係は仕事を通して築くものである」

 

一度失った信頼を取り戻すのは難しい,とよく言いますがこれで納得できますよね。

信頼関係を失ってしまったら,仕事が成り立たなくなる。

仕事が成り立たなくなると,信頼関係を築く(取り戻す)機会が失われる。

という図式が完成するわけです。

鶏が先か,卵が先かみたいですね。

 

冒頭の「仕事なんだから周りのスタッフを信じてもらわないと困る」という発言は,

信頼関係が構築されていない裏返しともとれますね。

 

次は明るい話題にしよう。